ちょっとした工夫で痩せる?効果的な食べ方とは

食事前には必ず水分補給を!

きつい運動は毎日続かないし、食事制限はお腹が好きすぎてツライといった経験をお持ちの方はいらっしゃいます。ダイエットにはなにより継続が大切です。したがって辛くない方法を取り入れることが重要です。まずは食事前に水を飲むという方法です。500mlほどの水を食事前に取ることで、お腹が膨れるので食べすぎを防ぐことが出来ます。ここで1点だけ注意なのは、なるべく冷たいものではなく常温の水を飲むという事です。冷たい水だと胃腸へダメージを与えてしまう可能性があります。

食べ物は小さく切ること!

例えばサラダや煮物でも、普段と同じ量なのに食材を小さく切ることでボリュームが多く見えるので視覚的にも満足感が増します。そして、一口にいれる量も少なくできるので、より早く満腹感を得られるようになります。さらに効率をアップさせる方法は、利き手ではない方の手で食べるということです。ここではなるべく箸を使うようにすれば、なかなかうまく動かせないので食べるペースが必然的にゆっくりとなります。したがって、ストレスの少ない方法といえます。

食事でしてはいけないこと!

痩せるために食事面においてやってはいけないNG行動は、テレビやスマホ・パソコンを見ながらの食事です。いわゆる「ながら食べ」ですが、これをしながら食事をすると、脳が満腹感を感じにくくなってしまうため、気づかないうちに食べ過ぎてしまうという事に繋がります。脳が満腹を感じるには、食べる量だけでなく、食べ物の匂いや味覚・舌などの様々な感覚を得ることも大変重要だからです。食材のもつ食感や甘み・香りなどを楽しむことがダイエット中のストレスを溜めないためにも繋がりますよ。

たくさんのバストアップサプリがある中で人気となっているのが、フェアリーレシピです。即効性が高く、モデルのようなバストになれると好評です。